及川医院
診療日時
018-845-3579

医院紹介

Welcome to OIKAWA CLINIC

医院紹介

及川医院外観

 及川医院は、昭和48年に前院長である父が開設以来、40年間、地域に根ざした医療を目指してきました。
その意思を引き継ぎ、平成25年5月1日に、新たな及川医院を同じ飯島に移転開院いたしました。 一般内科・消化器内科・内視鏡内科を中心に診療しております。

 地域の皆様の様々なニーズに対応できるよう、設備を充実し、禁煙外来や往診もおこなっております。

 スタッフ一同、地域の皆様が安心して気軽に受診できるような、心安らぐ優しいクリニックを目指しております。
どうぞよろしくお願いいたします。

<連携医療施設>

  • 秋田大学医学部附属病院
  • 秋田県立循環器・脳脊髄センター
  • 市立秋田総合病院
  • 秋田厚生医療センター
  • 秋田赤十字病院
  • 中通総合病院
  • 秋田緑ヶ丘病院
医療法人及川医院 院長 及川圭介

院長紹介

 私はこれまで消化器内科医として、主に内視鏡診断と治療に携わってきました。
 特に、早期食道がん、早期胃がん、早期大腸がんの治療となる「内視鏡的粘膜下層剥離術」や、食道胃静脈瘤の治療に力を注ぎ、 その経験から「がんの早期発見・早期治療」「慢性疾患のケア」「予防医学」の大切さを痛感しました。

 早期の食道がん、胃がん、大腸がんは、完治が可能な時代です。
これまで培った経験を活かし、安全で苦痛の少ない内視鏡検査を提供し、早期に正確な診断をすることが私の使命だと考えております。

 また、消化器疾患と慢性疾患、そして心の健康は密接に関係していると考えます。 一人一人の患者様と向き合い、声に耳を傾けながら、皆様のかかりつけ医としてお役に立てるようがんばっていきたいと思います。

 どんなことでも、お気軽にご相談ください。

及川 圭介

医療法人及川医院 院長 (医学博士)

経歴

1994年
日本大学医学部卒業
東北大学医学部消化器内科入局
2000年
仙台厚生病院 消化器内科医長
2003年
仙台市立病院 消化器内科医長
2006年
本荘第一病院 消化器科科長
2008年
JR仙台病院 消化器内科部長 兼 消化器内視鏡センター長
2013年
及川医院 院長

資格

  • 医学博士
    「食道静脈瘤側副血行路の形態学的変化に関する超音波内視鏡による研究」
  • 日本内科学会 総合内科専門医
  • 日本消化器病学会 消化器病専門医
  • 日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
  • 日本消化管学会 胃腸科専門医
  • 日本消化器がん検診学会 総合認定医
  • 日本ヘリコバクター学会 ピロリ菌感染症認定医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本医師会認定産業医
Medical Equipment

院内設備のご案内

待合室

外光をふんだんに取り入れた、明るく広々とした待合室です。

待合室

ステンドグラス越しの柔らかな日差しで、待ち時間をゆったりとお過ごしいただけます。

内視鏡室

2社の内視鏡システム(富士フィルム社製、オリンパス社製)、高水準の洗浄システムを導入。内視鏡室内にはトイレと更衣室を完備しています。

診察室2

心電図、血圧脈波検査装置(CAVI)、特定検診や健康診断などを行うスペースです。

X線室

胸部レントゲン、腹部レントゲン、骨塩検査を行っております。

リカバリールーム

鎮静剤を使用しての内視鏡検査、組織採取やポリープ切除をした場合はこちらで休んでいただきます。

処置室

点滴や検査(ピロリ菌除菌判定など)を行います。処置室内には隔離室も完備しています。

超音波検査(エコー)

腹部エコー、頸動脈エコー、甲状腺エコーなどに使用します。診察室のベッドサイドにあり、スムーズな検査が可能です。 詳しく見る


ボイスガード

会話保護システム「ボイスガード」を設置。診察室の会話が外に聞こえないよう、プライバシーに配慮しております。

ホルター心電図

小型の心電図記録装置を装着し、24時間日常生活をしていただきながら行う検査です。 動悸や胸痛などの自覚症状が、心臓の異常によるものか診断します。 当院では防水で小型・軽量のホルター記録器を導入し、入浴中も含めた全ての日常生活を記録した心電図検査が行えます。

キセノン治療器

干渉波治療・温熱治療・光線治療、三種類の治療形態を1台に集約したキセノン治療器。 温かい光の温感と電気による通電治療が心地よく作用して、肩こり・腰痛・膝の痛みなどの症状を緩和させます

血圧脈波検査装置(CAVI)

動脈硬化を測定する検査です。
血管の硬さを血管年齢で示します。

TOP